FC2ブログ

函館 ノアの箱舟

保健所の動物たちの里親募集の記録&我が家の犬猫たちの記録

函館市抑留所にいた寅吉&ミント~其の❷

Posted by noanohakobune8 on   0 comments   0 trackback

ご無沙汰しておりますm(__)m
またまた、更新が遅くなり、大変申し訳ございません




急な雨が多い季節が過ぎ、
段々と涼しくなり、秋の訪れを感じさせる季節になりましたね

ワンコの散歩でも『暑いぃ~早く帰ろう帰ろう』と催促しなくなり、
ゆっくり散歩も楽しめるようにもなりました



さて、今回の記事は、
『函館市抑留所にいた寅吉&ミント~其の➊』の続きですが、
前回の記事の訂正があります。

前回の記事では、
寅吉は『一度は愛護団体の方により救出されたものの…』と記載しましたが、
正しくは愛護団体の方ではなく、
【動物愛護ボランティアグループ】さんの里親希望者様の御親戚の方だそうです。

私が保健所から聞いた話の内容も違う内容で、
『愛護団体の方が引き出したその日に動物病院に連れて行き、
動物病院に入る前に車の中で、その引き出した愛護団体の方の手をカジって逃走し、
距離が離れていたにも関わらず、元の家に帰ってしまった』との事でした。


ですが、実際は、
『職員の方が【動物愛護ボランティアグループ】さんの代表の方に、
「名前を呼ぶとニャーと返事をして人懐っこい2歳の猫がいるんだけど、
処分しがたくて、引き取ってくれる人はいませんか?」と、連絡されたそうです。

子猫の里親希望者様だったそうですが、そのお話をされたところ、
その日に迎えに行かなければ処分されてしまう命の寅吉を、
急いで引き出しに向かってくださったそうです。

そしてその後、ご近所に住まわれてる御親戚のお家に行く事になりました。
それまでは全く問題はなかったそうですが、
数日後、獣医さんに連れて行こうとした時に、噛んで脱走してしまったそうです。
皆さんで探されたそうですが、元のお家に戻ってしまっていたそうです。

飼い主さんの傷が酷く、高熱が出てしまい、
再度飼われる事に抵抗を感じられてしまったそうで、
苦渋の選択で【動物愛護ボランティアグループ】さんの方でも。
引き取るのは難しいと判断されたそうです。』


私も保健所から『訳あり』だの、『問題のある猫』だの、
よく考えて欲しいと何度も聞いてると、正直ビビリます。
これは、今回の寅吉に限らず、もう何度聞いてもビビリます
私も手に終えないくらい大変な子を引き取った事があるので、
尚更かもしれませんが。。慎重になります。


やはり1番心配なのは、、、
先住猫や犬に何か合ってからでは取り返しがつきません。
私の助けたいという気持ちだけで、先住猫と犬達に
暮らし難い環境を与える訳にはいきません。

私に限らず皆様もそうでしょうが、
何よりも守らなければいけないのは、
私達と長年一緒に思い出を作ってきた動物達です。


この子であれば、
うちの環境に大丈夫だろうかと判断できるのも、私達しかいないと思います。

人間と動物の相性もあれば、
動物達個々それぞれの相性もあります。

特に猫は独りでいたがる習性がありますので、
各自に居場所があり、ストレスを溜めていないか、
注意深く観察する必要性があります。


kyattotawa-.jpg


※このキャットタワー、安かったのに場所も取らず、頑丈で良かったです

楽天で購入しましたが、、、

今見たら売り切れになってました
予備で購入しておけば良かったです。。
http://item.rakuten.co.jp/maxshare/a08642/





つづく

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hakodate2012.blog.fc2.com/tb.php/106-78a59fd3